なめらかな書き心地がクセになる。思考をアウトプットするのに最適なペンをご紹介!

Lifestyle

「ペンのインクがかすれて使いにくい」
「ペンのインクがかすれないで、サラサラと書けるペンが欲しい」
「かすれない、なめらかな書き心地のペンが欲しい」

こんにちは、カイトミです!

みなさんはこんなお悩み、疑問を持っていませんか?

この記事では、このようなお悩みを持っている方に向けて、なめらかな書き心地を楽しめるペンをご紹介します。

考えことなど、思考をアウトプットする時に最適な一本ですので、ぜひ試してみてください!

この記事が、書き心地の良いペンを見つけるきっかけになってくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク

なめらかな書き心地がクセになるペン|PILOT『Vコーン』

みなさんは考え事をする時に、ついつい頭の中で考えていませんか?

頭の中で色々と考えているけど、考えが堂々巡りしてしまうことがあると思います。

そんな時には頭の中で考えるより、紙とペンに書き出してみると良いです。

なぜなら、自分の頭の中だけで考えてしまうと、考え事が堂々巡りしてしまい、頭の中のモヤモヤが解消されないからです。

昔からアイディアがひらめきやすいといわれている、3つの環境があります。

馬上(ばじょう)  : 電車やバス、飛行機などの移動中
枕上(ちんじょう) : ベッドの中
厠上(しじょう)  : トイレの中

このように、アイディアは思いもよらない場所で思いつきます。

とても良い考えが浮かんだ!と思った次の時には何を考えていたのか忘れてしまう。
そんな経験がみなさんもあると思います。

そんな時に、紙とペンに書き出しておくことをオススメします。

紙に書いておくことで、頭の中で覚えておく必要が無くなり、別のことを考える余裕が生まれます。

このように、頭の中を紙にアウトプットする時には、紙は肌触りが良くペンのインクが馴染み、ペンは持ちやすくインクがスムーズに出るのが良いですよね?

今回は、思考をアウトプットするのに最適なペン、PILOT『Vコーン』をご紹介します。

created by Rinker
¥1,092 (2021/10/17 22:00:29時点 楽天市場調べ-詳細)

丸みのあるシルエットに、少しレトロな雰囲気を感じさせるデザイン。

手に持った時にスッと手になじむ感覚が心地良く、プラスチックの軽さが、書くことに対するストレスを感じさせない1本ですので、とってもオススメです。

滑らかな書き心地を楽しもう

Vコーンの特徴は、その書き心地

キャップ式のシンプルな水性ボールペンなので、油性ボールペンのようなインクの重さを感じない、サラサラと書けるのが魅力です。

ノック式の手軽さはありませんが、キャップを外す動作が加わることで、思考をアウトプットする状況に気分を切り替えてくれます。

思考をアウトプットするペンとして

このペンは赤羽雄二さんの本『ゼロ秒思考』でもオススメしている1本。

アイディアを即座に文字に変換できるペンとして紹介されており、ほとんど力を入れずに非常に滑らかに書けるのが良いとのこと。

赤羽雄二さんの本『ゼロ秒思考』が気になった方は、こちらからご覧ください。

気軽に買える値段も魅力

このペンの魅力は、丸みを持ったデザインや書き心地の他にもう1つ魅力があります。

それは1本100円程度で購入できる気軽さです。

文房具屋さんで試しに一本買って使ってみるのにも、ハードルが低いのが魅力。

このVコーンのカラーラインナップはブラック、レッド、ブルーの3種類あります。

ブラック

created by Rinker
¥1,092 (2021/10/17 22:00:29時点 楽天市場調べ-詳細)

レッド

created by Rinker
¥1,092 (2021/10/17 22:05:49時点 楽天市場調べ-詳細)

ブルー

created by Rinker
¥86 (2021/10/17 22:06:32時点 楽天市場調べ-詳細)

自分の好きな色を試してみてはいかがでしょうか?

書き心地の良いペンで、楽しく思考をアウトプットしよう

いかがでしたでしょうか?

この記事では、なめらかな書き心地を楽しめるペン|PILOT『Vコーン』をご紹介しました。

考えことなど、思考をアウトプットする時に最適な一本ですので、ぜひ試してみてください!

この記事が、書き心地の良いペンを見つけるきっかけになってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カイトミ

PILOT『Vコーン』

created by Rinker
¥1,092 (2021/10/17 22:00:29時点 楽天市場調べ-詳細)

このペンを使った思考術をご紹介している赤羽雄二さんの本『ゼロ秒思考』が気になった方は、こちらからどうぞ!