【一級建築士・二級建築士】資格の学校に通った方が良い3つの理由

Architecture

「建築士の資格を取りたいけど、資格の学校に通わないと無理かな?」
「資格の学校に通うメリットを知りたい」
「資格の学校に通った方が良い人は、どんな人?」

こんにちは、カイトミです!

みなさんはこんなお悩み、疑問を持っていませんか?

この記事では、このようなお悩みを持っている方に向けて「資格の学校に通った方が良い3つの理由」というテーマで、資格の学校に通った方が良い3つの理由ついて解説していきます。

この記事を読むことで、以下のことが分かります。

資格の学校に通った方が良い3つ理由
1.試験に向けたスケジュールが効率的に立てられる
2.ムダのない勉強ができる
3.勉強のモチベーションが維持しやすい

こちらの理由について、1つずつ解説していきますので、安心して読んでください。

この記事が、みなさんが一級建築士・二級建築士を取得するための参考になってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

資格の学校に通った方が良い3つの理由

ここからは資格の学校に通った方が良い3つの理由についてご紹介・解説していきます。

理由1)試験に向けたスケジュールが効率的に立てられる

建築士の試験は長期戦です。

また勉強時間も初めて受験する方だと、一級建築士で1,000〜1,500時間、二級建築士で700〜1,000時間くらい必要と言われています。

仕事やプライベートの時間を除いて、これだけの時間を捻出して勉強するのは大変ですよね?

資格の学校に通っているメリットの1つが「試験に向けたスケジュールを効率的に立てられる」ことです。

試験日から逆算して、いつまでに何を勉強しなければいけないかを、資格の学校に通うことでスケジュールを立てることができます。

理由2)ムダのない勉強ができる

建築士の試験は各科目、まんべんなく勉強する必要があります。

1人で勉強していると、ついつい得意な分野の勉強を進めてしまい、苦手な分野の勉強がおろそかになってしまいます。

資格の学校に通うことで、今何を勉強すべきかが明確になりますので、得意な分野、苦手な分野をまんべんなく勉強することができます。

また、模試などで自分が得意な分野や弱点が発見できるので、勉強スケジュールを調整できます。そのため、自分が今勉強しなければいけないことに集中することができます。

理由3)モチベーションが維持しやすい

建築士の試験は継続して勉強を続けていくことが大切です。

でも、1人で勉強していると、時にはモチベーションが下がってしまい、勉強が思うように進まない時もありますよね?

資格の学校に通うことで、同じく建築士を目指している人と勉強ができますので、自分も頑張ろうというモチベーションの維持にもつながります。

資格の学校を上手に活用して、建築士合格を目指そう!

いかがでしたでしょうか?

この記事では、このようなお悩みを持っている方に向けて「資格の学校に通った方が良い3つの理由」というテーマで、資格の学校に通った方うが良い3つの理由ついて解説していきました。

資格の学校は、あくまで1つの方法ですので、通っていれば合格できるものではありません。

学校を上手く活用しながら、自分が勉強しやすい環境、時間を使えるようにしましょう。

この記事が、みなさんが一級建築士・二級建築士を取得するための参考になってもらえたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カイトミ