大人も楽しめる!ナノブロックでつくる日本の建築物10選

Architecture

こんにちは、カイトミ(@kaitomi0626)です。

このブログでは、建築とライフスタイルについて、みなさんに役立つ情報を発信しています。

悩んでいる人
悩んでいる人

「休日やお家時間にやることがない」

「模型やプラモデルが好きだけど、飾るスペースがない」
「プラモデルよりも気楽に作れるものはある?」

この記事では、このようなお悩み・疑問・質問について、ナノブロックで楽しめる日本の建築物10選のシリーズをご紹介していきます。

この記事を読むことで、以下のことが分かります。

この記事で分かること
  • 休日やお家時間にやることが無い人
  • 模型やプラモデルが好きだけど、飾るスペースが無い人
  • 道具や工具が不要で、初心者でも簡単に作れるものを探している人

この記事を書いている人

カイトミ
カイトミ

こんにちは!このブログを運営しているカイトミです。
このブログは『建築』×『ライフスタイル』をテーマに一級建築士、認定コンストラクションマネジャー、認定ファシリティマネジャーの資格を持っているカイトミが、建築とライフスタイルに役立つを発信していくきます!

この記事が、みなさんの休日やお家時間を充実したい人の参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

大人も楽しめる!ナノブロックでつくる日本の建築物10選

ここからは、日本の建築物をテーマにしたナノブロックのシリーズをご紹介していきます。

各シリーズを完成した時のサイズや難易度、ピース数も記載していますので、参考にしてみてください。

今回ご紹介するのは、こちらです。

大人も楽しめる!ナノブロックでつくる日本の建築物10選
  1. 東京タワー
  2. 東京スカイツリー
  3. 雷門
  4. 東京の代表的な街並みを盛り込んだ「東京」
  5. 東京駅 丸の内駅舎
  6. 大阪城
  7. 姫路城
  8. 名古屋
  9. 厳島神社大鳥居
  10. 稲荷神社

東京タワー

まずご紹介するのは、東京を代表する観光名所の1つである「東京タワー」。

完成サイズ(W×H×D) 141×80×80(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数280

1958年に誕生した東京を代表するシンボルタワー。

小さいながらも、しっかりと東京タワーの特徴を押さえているので、面白いです。

ピース数もそれほど多くないため、ナノブロックを始めて触る方でも簡単に作れるので、オススメです。

東京スカイツリー

2つ目にご紹介するのは、「東京スカイツリー」。

完成サイズ(W×H×D) 273×80×80(mm) 
難易度★★★★★
ピース数550

五重塔などでも用いられている日本の伝統的な工法と美意識を用いながら、先端技術を活用して作られた自立式の電波塔です。

ピース数も550と、小さいながらも作りがいがあるシリーズで、先ほどご紹介した東京タワーと並べて、新旧の電波塔として飾ってみるのも素敵な一品です。

雷門

3つ目にご紹介するのは、海外でも人気の観光地である浅草の「雷門」。

完成サイズ(W×H×D) 67×80×80(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数390

言わずと知れた浅草・浅草寺の山門である雷門。正式名称は「風雷神門」。吊り下げられた提灯や帽子をかぶった人もいたりと、可愛らしく再現されています。

東京を代表する観光地を詰め込んだ「東京」

4つ目にご紹介するのは、東京を代表する観光地を詰め込んだ「東京」。

完成サイズ(W×H×D) 104×240×192(mm) 
難易度★★★★☆
ピース数1280

東京タワー、東京スカイツリー、浅草寺、国立競技場、東京都庁と、まさに東京を代表するの街並みをぎゅっと1つに詰め込んだシリーズです。

東京駅 丸の内駅舎

5つ目にご紹介するのは、日本の駅舎の中で最も有名な1つである「東京駅 丸の内駅舎」。

完成サイズ(W×H×D) 200×53×80(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数640

東京の玄関口としても有名な東京駅の駅舎を再現したこのシリーズ。

風合いのあるレンガ造りや建物の高さとプロポーションが、ナノブロックで見事に再現していて、インテリアとして飾っても様になるシリーズです。

大阪城

6つ目にご紹介するのは、「大阪城」。

完成サイズ(W×H×D) 85×114×80(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数520

ナノブロックで大阪城を見事に再現しています。

屋根の形状を細かに再現しており、小さいながらもダイナミックなフォルムが特徴のシリーズです。

姫路城

7つ目にご紹介するのは、「姫路城」。

完成サイズ(W×H×D) 140×140×80(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数490

別名「白鷺城」とも呼ばれた姫路城をナノブロックで見事に再現したシリーズ。

白とグレーのブロックの色合いが美しいのはもちろん、お城の屋根の反りやディテールが上手に再現されています。

名古屋城

8つ目にご紹介するのは、数ある日本のお城の中でも人気の1つである「名古屋城」。

完成サイズ(W×H×D) 140×140×45(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数550

ナノブロックで重厚感のある名古屋城のフォルムをブロックで見事に再現したシリーズ。

屋根の黄緑色とお城の壁の城の白色のコントラストが美しく、小さいながらも名古屋城の美しさを上手に表現しています。

厳島神社大鳥居

9つ目にご紹介するのは、1996年にユネスコ世界文化遺産に登録され日本三景の一つとして数えられる「厳島神社 大鳥居」。

完成サイズ(W×H×D) 80×65×160(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数470

水面に浮かぶ大鳥居のダイナミックさや水面に浮かぶ社殿が小さいブロックの中に詰め込まれています。

プレートに色の違うブロックが敷かれており、水面の深さをブロックで見事に再現しています。

稲荷神社

10つ目にご紹介するのは「稲荷神社」。

完成サイズ(W×H×D) 73×80×160(mm) 
難易度★★★☆☆
ピース数530

小さいながらも鳥居や参道がきちんとブロックで再現されており、稲荷神社の参道の美しさを見事に再現しています。

休日やお家時間を楽しもう

いかがでしたでしょうか?

この記事では、大人も楽しめるナノブロックでつくる国内の建築物10選というテーマで、ナノブロックでオススメのシリーズをご紹介しました。

この記事が、みなさんの休日やおうち時間を楽しくするを解決する参考になっていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カイトミ

タイトルとURLをコピーしました