読んだ本の内容を忘れないための3つの読書術

Book

こんにちは、カイトミです!

みなさんは読書をしていますか?

「どんな本を読んでも、面白かった!で終わってしまう」
「ビジネス本を読んだりしてるけど、読んだだけで仕事や生活に生かせていない」

みなさんは、こんな悩みを感じていませんか?

この記事では「読んだ本の内容を忘れないための3つの読書術」として、読んだ本の内容を忘れないための読書術を3つご紹介していきます。

読んだ本の内容を忘れないための3つの読書術

それでは、読んだ本の内容を忘れないための読書術を3つご紹介していきます。

どれも難しい内容ではないので、読んだ本の内容をもっと仕事に生かしたい、実生活に取り入れたいと考えている人は、ぜひ実践してみてくださいね。

本は自腹で買う

1つ目の読書術は「本は自腹で買う」です。

皆さんは読みたい本があった時に、どのように本を手に入れますか?

もしかしたら友達や図書館で本を借りたりしていませんか?

自分の知識にするためには、できたら本は自腹で買いましょう。

自腹で本を買うことにより、本を買った分の元を取ろうと、集中して本を読むことができます。

本は汚く読む

2つ目の読書術は「本は汚く読む」です。

本を読む時に、折り目や汚れないように綺麗な状態を保とうとして読んでいる人がいますが、それではせっかく買った本の内容が頭に入りません。

本を読んで気になった箇所や、参考になった箇所をペンやマーカーで書き込みしたりメモを書くことにより、本の内容がより理解できるようになります。

本を読む目的を明確にする

3つ目の読書術は「本を読む目的を明確にする」です。

みなさんは本を買う時に、その本をどうして読むかを考えたことはありますか?

小説などの物語は「面白そうだから」という理由で読むのは良いですが、ビジネス書であれば、その本を読む目的を明確にして読みましょう。

「役に立ちそう」「勉強になりそう」という漠然とした目的ではなく「この本から文章の書き方を学ぶ」「仕事を効率的に行う方法を知る」など、より具体的な目的を持つことで、本の内容について理解が深まります。

本をたくさん読んで、生活を豊かにしよう

いかがでしたでしょうか?

この記事では「読んだ本の内容を忘れないための3つの読書術」として、読んだ本の内容を忘れないための読書術を3つご紹介していきました。

皆さんの読書を有意義にするための参考になってくれたらうれしいです、

どれも難しい内容ではないので、読んだ本の内容をもっと仕事に生かしたい、実生活に取り入れたいと考えている人は、ぜひ実践してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

カイトミ