【建築士も愛読】最新の建築が学べる雑誌5選

Architecture

「最新の建築プロジェクトや話題の施設が知りたい。」
「どんな建築が最近できたのか知りたい。」
「建築業界の最新情報を知ることができる雑誌を知りたい。」

こんにちは、カイトミです!

みなさんは最近できた話題の施設やどんな建物が建ったのか、知りたいと思ったことはありませんか?

実は、この記事でご紹介する雑誌を読むだけで、簡単に建築業界の最新情報を知ることができます。

この記事では、みなさんのお悩み・疑問を解決する最新の建築が学べる雑誌5選について解説・ご紹介していきます。

記事を書いている人

カイトミ
カイトミ

こんにちは!この記事を書いているカイトミと申します。
大手設計事務所に勤務の建築士です。
一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、認定ファシリティマネジャーの資格を取得しており、建築に関する情報を、分かりやすく伝えていきます!

この記事が、みなさんが建築に興味を持つきっかけになってもらえたら嬉しいです。

この他にも、こんな記事を書いています。

【一級建築士オススメ】建築の楽しさ・面白さに触れられる建築本を5冊紹介
「建築に詳しくない人でも建築について分かりやすく解説してくれている本ってないの?」「建築について知りたいけど、何を読んだら良いか分からない。オススメの本があれば知りたい」「建築ってなんだか難しそうなので、一般の人でも読みやすい建築本が知り...
建築設計実務を学びたい人必見!建築士オススメの建築実務本3選
「建築実務について学べる本を知りたい」「建築設計の実務について勉強できる本はある?」こんにちは、カイトミです!みなさんはこんなお悩み、疑問を持っていませんか?実は、この記事でご紹介する本を読めば、実務経験の無い建築...

最新の建築が学べる雑誌5選

ここからは最新の建築が学べる雑誌5選についてご紹介していきます。

今回ご紹介する雑誌は以下の5つです。

1.新建築
2.GA JAPAN

3.Architecture and Urbanism (a+u)
4.新建築 住宅特集
5.日経アーキテクチャー

どの雑誌も、建築業界の最新情報を知ることができる雑誌ですので、ぜひ読んでみてください。

新建築

大規模プロジェクトや話題の施設の最新情報が学べる一冊

created by Rinker
¥2,420 (2021/12/09 22:49:11時点 楽天市場調べ-詳細)

最初にご紹介する雑誌は「新建築」

1925年8月創刊。日本を代表する建築専門誌。創刊以来、日本の現代建築をクオリティの高い写真、図面等により詳細に紹介し、多くの建築家に支持されてきました。その継続により、独自の視点をつくり出し、建築思潮や建築デザイン界の新しい動きを発信し続けています。近年、建築家の活動は、都市、環境など幅が広がり、ものづくりを通し現代を切り開き、社会へ貢献しています。それらを吟味し、新建築社写真部により撮影、掲載することで、建築が生み出し得る可能性を伝え続けていきます。

新建築HPより(https://japan-architect.co.jp/product-cat/shinkenchiku/)

新建築は、国内の大規模プロジェクトや最新施設の情報を学ぶのにオススメの雑誌です。

建物の写真も豊富に掲載されており、図面や建物概要、設計者の情報などがまとめられているため、最新施設についての情報収集だけでなく設計資料としても参考になる雑誌です。

最新の新建築はこちらから

GA JAPAN

建築家による対談や論文なども充実した一冊

created by Rinker
¥2,566 (2021/12/09 22:49:11時点 楽天市場調べ-詳細)

2冊目にご紹介する雑誌は「GA JAPAN」。

GA JAPAN

こちらは、先ほどご紹介したら新建築と同様、日本の建築業界の最新情報を知る上で欠かせない雑誌です。

建築家による対談や論文なども充実しているため、建築家の建築に対する考え方を知ることができるオススメの雑誌です。

Architecture and Urbanism (a+u)

海外の最新プロジェクトを知ることができる一冊

created by Rinker
¥2,852 (2021/12/09 22:49:11時点 楽天市場調べ-詳細)

3冊目にご紹介する雑誌は「Architecture and Urbanism (a+u)」。

1971年1月創刊。世界の建築情報を日本および世界に提供する、和英バイリンガルの建築雑誌。創刊以来、海外の建築情報を伝える日本唯一の月刊誌として、広く建築界に親しまれています。a+uの取材ネットワークは全世界に及び、100余カ国を網羅しています。これら各国の建築家を直接取材し、毎号独自の視点で編集することにより、生の動向をいち早く読者の皆様にお届けしています。また、建築家・評論家・歴史家による書き下ろし論文を掲載し、明日の建築のあり方を考える指針として国内外の建築界に多大な影響を与えています。

新建築HPより(https://japan-architect.co.jp/product-cat/architecture-and-urbanism/)

この雑誌は、海外の最新プロジェクトや最新情報をまとめた、いわば「新建築の海外プロジェクト版」の雑誌となっています。

日本ではなかなか実現できないようなダイナミックな建物のデザインや洗練された配色など、広い視野で建築を学ぶのにオススメの一冊です。

なかなか海外に行けない今、この雑誌で面白い建物を見つけて、海外旅行で実際に見に行ってみるのも面白いですよ。

新建築 住宅特集

最新の住宅のデザインが学べる一冊

4冊目にご紹介する雑誌は「新建築住宅特」。

1985年5月季刊誌として創刊。1986年5月より月刊誌。毎号10数件の新しい住宅を、建築としての切り口、住まい方への提案、技術的側面などから美しい写真と詳細な図面で紹介、解説します。創刊以来の住宅設計者、建築設計者向けの専門書という側面を貫きながら、読者の方々の幅広い興味に応えられる誌面を目指しています。暮らしというソフトを包み込む建築として、「住宅」で展開されるさまざまな価値を、分かりやすく伝えていきます。

新建築HPより(https://japan-architect.co.jp/product-cat/jutakutokushu/)

この雑誌は、最新の住まいの在り方を知ることができる雑誌です。

住む人によってライフスタイルや住まいに対する考え方が異なる住宅。

新しく家を建てたい、自分のイメージする生活を考えたいと考える人にオススメの雑誌となっています。

最新の住宅特集はこちらから

日経アーキテクチャー

建築業界の最新情報がまとまった一冊

最後にご紹介する雑誌は「日経アーキテクチャー」。

この雑誌は、建築業界の法改正から先進技術といった最新情報が学べる雑誌です。

今までご紹介した雑誌のように、最新の建物紹介だけではなく、建築業界で話題となっている様々な問題に対しての情報発信や課題提起など、まさに建築業界の今を知るのにオススメの雑誌。

築を考える上で知っておくべき最新情報が沢山載っていますので、ぜひ読んでみてください。

最新の日経アーキテクチュアはこちらから

新しく情報を取り入れ、自分をアップデートしていこう

いかがでしたでしょうか?

この記事では、最新の建築が学べる雑誌5選についてご紹介していきました。

建築業界の技術や法規は日々アップデートされていますので、今回ご紹介した雑誌などから常に新しい情報を取り入れ、自分をアップデートしていきましょう。

この記事が、みなさんが建築に興味を持つきっかけになってもらえたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

カイトミ