【一級建築士が解説】建築確認申請とは何か?

Architecture

こんにちは、カイトミです。

「建築確認申請って何?どういうものなの?」
「建築確認申請について知りたい」

建物を建てるときに必要となる確認申請。
建築確認申請について、みなさんはきちんと理解していますか?

この記事では、そんな方に向けて『建築確認申請とは何か?』というテーマで、一級建築士かいとみが建築確認申請について、ご紹介していきます。

この記事が、建築確認申請の理解を深める参考になってもられば、嬉しいです。

スポンサーリンク

建築確認申請とは

建築確認申請とは、建物を建てるための申請書を建物を計画している市町村の建築窓口(建築主事)もしくは指定確認検査機関へ申請し、建築内容が建築基準法に適合しているかどうかを審査・確認してもらう手続きのことです。

建物を建てるには、建築基準法という建築を建てるための法律を遵守する必要があります。

建築確認申請は、計画している建物が建築基準法を遵守したものであるかを確認するために行う手続きとなります。

建築確認申請を行うことにより、建築基準法を遵守していない建物が建設されるのを是正することができます。

誰が申請するの?

建築確認申請を行うのは、建物の建築主が行うことが原則となりますが、申請する内容が建築に関する専門知識を必要とするため、設計事務所や建設会社が建築主の代理(委任)されて行うことが一般的となっています。

どこに申請するの?

建築確認申請の申請先は、建物を建てる市町村の役所にある建築確認窓口(建築主事)もしくは民間の指定確認検査期間となります。

建築確認申請に必要な書類は?

建築確認申請に必要な書類は、建物を建てる市町村の役所にある建築確認窓口(建築主事)もしくは民間の指定確認検査期間の申請先によって必要となる書類が異なるため、申請先に確認が必要となります。

建築確認申請書類の構成としては、原則、以下の書類を用意します。

確認申請書

  • 建物の計画内容を示した書類
    (建築概要、建築面積、延床面積、建物高さなど)
  • 建築計画概要書
    確認申請書の概要を示した書類
  • 建築工事届
    工事施工者、工事監理者、工事予定期間などを示した書類
  • 建築図書
    建物の計画内容を確認できる図面(案内図、配置図、平面図、立面図など)

その他

  • 現地調査票
    建物が敷地に関する要件を示した書類(用途地域、容積率、建ぺい率など)
  • 委任状
    建築主(委任者)の代わりに申請を行うことを委任する場合に必要な書類

建築基準法の改定や制度の見直しにより、書式や申請方法も変わっていきます。
建築確認申請を行う際は、申請前に必要書類や申請手続きについて、建物を建てる市町村の役所にある建築確認窓口(建築主事)もしくは民間の指定確認検査期間に必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では『建築確認申請とは何か?』というテーマで、一級建築士である、かいとみが建築確認申請についてご紹介していきました。

では、今回のまとめです。

  • 建築確認申請とは、計画している建物が建築基準法を遵守したものであるかを確認するために行う手続き
  • 建築確認申請の申請者は、建物の建築主が行うことが原則だが、申請する内容が建築に関する専門知識を必要とするため、設計事務所や建設会社が建築主の代理で行うことが一般的
  • 建築確認申請の申請先は、建物を建てる市町村の役所にある建築確認窓口(建築主事)もしくは民間の指定確認検査期間
  • 建築確認申請に必要な主な書類は、確認申請書、建築計画概要書、建築工事届、建築図書だが、申請時に必ず申請先に確認が必要

この記事が、みなさんの建築確認申請の理解を深める参考になってもられば、嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

カイトミ